GFFプラットフォーム
 

GFF (一般破損頻度) の公開と作成

GFF (一般破損頻度) の公開と作成
 
 GFFは、多くの構造物、設備、機器の履歴から得られた破損・故障の頻度を示すものです。高度のリスクアセスメントや定量的RBM(リスクベースメンテナンス)を実施するために基準となるデータです。

GFFを公開します

 国内外の様々なデータベースを調査し、GFF暫定値表、GFF推奨値表を作成しました。
 推奨値は抽出した参考値です。使用時に数値の比較やHPIへのご相談をして最適な値を選定下さい。 
 引用したデータベース、定量的RBM とは? GFFを使うメリット、HPIS Z107規格の中でどのように使うかを説明します。
関連データからGFFを作成できます

 目標は、各企業が共有して使用できるGFFを作ることです。そこで、機器の運転時間や破損・故障・不具合データを募集します。
 詳細は、HPI (日本高圧力技術協会) にご連絡下さい。ご支援いたします。  

(連絡先)  HPI 日本高圧力技術協会 事務局長 畑岸真人
  ☎;03-3516-2270   
  E-mail:hatagishi@hpij.org
  ホームページ:http://www.hpij.org/